上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --】 スポンサー広告

”夏休み企画”

~~いろいろ理由もあって彼の実家・高知へ~~

8月26日 滞在2日目(2)

久礼大正町市場

宇佐の浜辺でのんびり過ごした後は
車で40分程走り久礼大正町市場へ。
ここでは漁師さんが朝と昼に獲った新鮮な魚を
その日の昼過ぎからこの大正町市場で売っているそうだ。


ここへ来たのは今晩の食卓に並ぶ一品探しというワケだが
たぶん私への”観光案内”も兼ねているものと思われる。
いろいろと気遣ってもらって嬉しいやら申し訳ないやら
なんだか複雑な心境なのだ。

大正風1

大正風2


写真を撮らなかったのが残念だが、
私の地元ではお目にかかれないような状態で
多種多様な魚たちが売られている。
その中で一番目を引いたのが「太刀魚」。
これまでパックに収められた切り身しか見たことが無い。
ここでは港に揚がってきたそのままの姿。
「魚ですが何か?」と言い出しそうな様子で
びろーんと陳列されている。
「太刀魚」とはよく言ったもので、本当に日本刀のようだ。
1mぐらいはありそう。


私があんまり凝視していた為か、
今晩の食卓にあがるのはコイツに決定された。
お店のおばちゃんが非常に手際良くワタを出し
5つに切り分ける。
一尾千円。
5人で食べる訳だからかなり安い。


買い物を終え、帰宅する車中。
ほど良い揺れが心地良いのとちょっぴり緊張がとけたのか
ほんの少し眠ってしまった。


お家に着くと早速夕飯の支度にかかる。
このお宅では夏の間、頻繁にベランダが食卓となるらしい。
木製テーブルの真ん中に丸い穴を開けて
上手いこと七輪が入るようになっている。
おとーさんの手作りダイニングキッチンだ。


件の「太刀魚」と天ぷら(関東では薩摩揚げと呼ぶわね)
エリンギを七輪で焼いて、アツアツなところを戴く。
絶品である。


彼父 「太刀魚はよう食べますか?」
私  「・・・よくは食べないですけども、たまには。」
彼  「好きか?ゆう意味やきね。」
私  「! あ。 す、すみません・・・ エト。 はい。」


なんとも歯切れが悪い返事。(汗)
問われたのは頻度ではなかったのね。
土佐弁はどうもアクセントで意味が異なるらしい。
これ以外にも、彼の翻訳無しには
会話が成り立たない場合が何度かある。
彼とおとーさんの会話を聞いていると
正直、何を言ってるのかわからない時が多々あった。


国内なのに。


言葉の壁を感じるなんて・・・
昼間にうっかり寝てしまうぐらい順応したかに思えたが
甘くは無かった。
だ、だいじょぶか?
こんなんで意思の疎通は図れるのか?
気持ちの奥にじわじわと不安の染みが拡がる。


この日の後片付けはみんなで効率良く済ました。
お風呂の順番は譲って譲って一番最後にしてもらった。
髪を洗いながら鏡に映る自分の姿が
何故か他人のように思えた。
それはおそらく、良いトコ見せようとばかりする
自分自身を恥じる気持ちがあったせいかもしれなかった。


翌朝は5時起きで釣りに行く事になった。
彼とおとーさんがノリノリでそんな話になったのだが
私は強制参加だと彼が言い張った。
釣りは好きだからイヤでは無いのだけど、
いい感じにフォローしてくれる妹さんや
おかーさんの不在はとても心細いのだ。


ちょっぴり沈みがちな気分で眠る滞在2日目の夜。


応援して頂けると嬉しいです。
    ↓
人気blogランキング


スポンサーサイト
【2006/08/31 Thu】 旅行 // トラックバック(0) // コメント(0)
管理者にだけ表示を許可する
http://pullpullsmile.blog10.fc2.com/tb.php/56-1cb6c158
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 アキバで働くOLのスロ日記♪ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。